photo
title
2008年12月15日
Hi、seraです。
たくさんのお祝いメッセージをありがとう。
今年もまた”誕 生の日”にはギターを抱えてステージの上にいた。
いつもと同じ変わらぬ日々の”いち通過点”ではあるが、「なんとなく…」の気分がそこかしこに漂うも のだ。 リハーサル中、落ち着かない様子で、ケーキ登場のタイミングを計っているスタッフ、ライブ中「今日ならではのサプライズ」を期待する目、目、目…。
そうなると当の本人は、皆にちゃんと”この日”を楽しんでもらわなくては、と「なんとなく・・・」の気分の渦に絡めとられ、溺れて行くのだ。
しかし、それがその日”誕生の日”を迎えた者の運命(さだめ)なのだろう。
そしてその運命(さだめ)は大抵の場合、脚本家の思惑通り、笑顔と共に”ハッピーエンド”となるようだ。
大粒のイチゴの乗った特大ショートケーキは「もう、晩飯はいらん(宇崎さん談&笑)」と言わしめるほど美味しかったし、GENTLE3のライブではめず らしく弦を切ったし・・・。
皆、ちゃんと”この日”を楽しんでいただけたのでは、と信じている。
当のseraといえば、それ以上の抱えきれない”ハッピー”と”感謝”を感じつつ、終わりゆく”誕生の日”を見送った…。
「新ホームページ、スタート」を知らせるメールに目を通しながら。。

archive title