photo
title
2006年03月30日
Hi、seraです
今、無事3.29を迎えてホッといている。
今回ほど何から何まで自分たちでクリエイトした作品はないだろう。
音作りにとどまらず、限られた条件や素材と格闘しながら、映像のコンセプトからカメラワーク、画質、編集のテンポ・タイミング、ジャケットに至るまですべてに関わり作り上げた。
普段はここまでアーティストが制作に直接タッチすることもないのだろうが、現在(いま)のseraをちゃんと伝えたいという、少数精鋭の我が「セラ・プロジェクト」のメンバーそれぞれの思いが、きっと皆さんに届くと信じています。
しかし、本編だけでなく特典映像からseraヴァージョンのビデオクリップまで本当に疲れた。
疲れました。
マイPCが悲鳴を上げながらもクラッシュしなかったことに感謝しているが何度かヤバかった。
そうそうファンの方のなかには特典映像のサウンドトラックを聞いてピンときた方もいるだろう。
えっ、思わず吹き出したって、まぁ、懐かしいギターのメロディが聞こえて来たってことで笑ってください。
実は本人、結構気に入ってるんですから…。
とにかく、皆さんが喜んでくれることを切に願っています。
そして次にライブでお会いする時には最高に盛り上がって行きましょう。
3.29から3.30へと日が変わり、ホッとして事務所を出たら、桜が満開。
思わず「夜桜見物」としゃれ込んだのでした。

archive title