photo
title
2006年04月27日
チーム全員で接戦を制して行き、一次リーグをトップで通過、決勝トーナメント準々決勝へ。
周囲の期待も膨らむ一方。
巨大なプレッシャーとの戦いは我々の想像を絶するモノだろう。
最初に書いたが、戦う前にそのプレッシャーに負けてしまうこともある。
それでも尚、思いっきり自分自身のプレイを満喫してほしい。
大会を楽しんでほしい。
結果よりも、そのストイックな姿こそがアスリートが我々に発信してくれるメッセージだと思うから。
サッカーワールド杯より一足先に、ドイツに日本旋風を巻き起こしてくれ。
今夜も(seraの場合は深夜録画で)共に『サァーッ!』で握りこぶしっ!

archive title