photo
title
2006年10月18日
Hi、seraです
(16日現在)NHK広島での深夜生放送を無事に終え、疲れているはずなのだが、なんだか気が張ってしまって、久しぶりに身体はぐったり、意識はぎらぎらというおかしな状態だ。
それにしても別所君、山口さん、地元バンドのみんな、スタッフのみなさんお疲れ様、ありがとうございました。
本当にいい経験をさせてもらいました。
正直「まだまだいける!」なんて過激な事を感じてしまうくらい楽しい時間でした。
高校以来33年ぶりの「傘がない」も自画自賛の出来映えで(笑)本当の意味で『初心に帰る』一曲になった。
遠いあの日、バンド(後のツイスト)ではベースを弾いていたseraがメンバーとクラスメイトに勧められるままに文化祭の『のど自慢大会』に出場した。
数を揃えるためのただの余興、盛り上げ役のつもりだったが、傘をさして隣にたたずんでた友人(バレー部キャプテン)のおかげ(?)かステージ袖でバカ騒ぎしていた連中のパワー(?)なのか、2年の女子と同時優勝、仲間たちは大いに盛り上がり、ちょっとばかりヒーロー気分を味あわせてもらった。
だがバンドでseraがヴォーカルを担当することになったのはそれからさらに3年後のことだった。
何はともあれ、人前での初めての熱唱の思い出が鮮やかに甦って来た。
誰も知らないちょっとばかり照れくさい夜だった。

archive title