photo
title
2006年11月07日
そうライブと言えばめざクラ・イン山形をもって高嶋ちさ子氏は産休に入るとか、無事元気な赤ちゃんをとお祈りしています。
「暇だからメールたくさん送ります」とのこと、お待ちしています。
早稲田の大学祭も久しぶりに若者たちの初々しい頑張りに接して、温かいものを感じることができた。

最近では「学生さんがプロ顔負けの仕切り(のつもり)で何だか慣れちゃってる」なんてことも聞くが、今回の早稲田の学生さんは学生らしい好感のもてるスタッフさんだった。
だから当日いきなり出番が一時間半も遅くなっていても文句一つ言わず(大人ならシメちゃいます)ステージを務めたのでした。
神ちゃんとの「二人バージョン」は初めての試みだったがうまくいったようだ。
そしてヨッちゃんとの「二人バージョン」音屋吉右衛門(世良公則×野村義男)も来月に迫ってきた。
分かる人には分かってもらえると思うが、さらに腹筋を鍛えておかなくちゃ、だ。
歌うには充分な腹筋を備えているつもりだが、音屋の場合特別な腹筋と背筋を必要とする。
みなさんも約束通り1人づつお友達を連れていらっしゃいませ!

最後に、広島に残留を決めた黒田投手、ありがとう!君は最高だ!

archive title