photo
title
2007年03月21日
『T w o H e a r t s』

忙しさに追われた
この街で今 思い出すのは
Two Hearts・・オレとオマエ
キャンパスの青い芝に
体を投げ出し見上げたoh、
Two Hearts・・あの白い雲
陽のあたる長い坂道を
ふざけ合いながら登った
どこまでも遠い
未来(アシタ)でさえ
輝いていた
そんな年頃(キセツ)のTwo Hearts

息が詰まるほど自由で
悲しいほどの平和の中で
Two Hearts・・いたわりを知らず
傷つくことの痛みより
傷つけることの痛みの深さを
Two Hearts・・気付かずにいた
確かなものなんか何もない
だけど 心で感じてた
芽生えはじめた自分自身を
信じることが
すべてに思えた Two Hearts

…続きを読む