photo
title
2007年07月28日
実は編集が終わって早々に「某コンピューター専門誌」の取材をうけた。
作品を大いに楽しんでくれたようで、話が弾んだ。
すべてi-movieで作業したと聞いて驚いたようだ。
『プロユースのソフトもインストールしているのだが「貴方もMac.を持っていればそのまますぐ出来る」のコンセプトで突き進んでみた』というseraの話に共感をもって耳を傾けてくれていたようだ。
もちろん主役はCD、音楽なので、オマケとして楽しんで欲しい。

と言っていると外がなんだか騒がしい。
今度の日曜日は選挙、この時だけ「国民の存在」を思い出してくれる方達がこの時だけ「苦労をいとわず」街を駆け回って行く。
自分たちが「やらかして」おいて、まるで他人の尻拭いでもしてあげるかのような『実行力』を主張。
まるで笑えない。
一仕事終えたところで、新聞にでも目を通して、自分の『一票』と向き合おうか。

archive title